チューリッヒ滞在記録 日記
2008年6月
6月17日(火)
歯医者通い
とりあえず準備&滞在ブログを立ち上げてみました。

ここ一週間は歯医者に通ってます。
まあ六ヶ月なんで何かあっても耐えるという方法もありますが、
後で面倒なことになるのも嫌なので、しっかり治していきます。

しかし、昨日は痛かった・・・。
「歯茎の掃除しますね〜」と言いわれて、歯科助手のお姉さんに歯茎と歯の間をガシガシ刺されました。
歯石をとるときもピンセットで似たようなことをされたけど、今回は痛み倍増です。
しばらく口をゆすいだときに吐く水が茶色になってました。
どうも奥の内側にブラシが届いてないとのこと。

これからは真面目に奥まで磨きます。

6月19日(木)
論文
スイス行の前の一大仕事,論文提出にめどがつきました.
明日出して,来週はゆっくり準備します.

部屋と研究室の片づけ,家賃の支払い,足りないものの調達&荷造り,PCの準備,各種手続き,
ああやることたくさん・・・.
本当に来週スイスへ飛べるんだろうか.

6月21日(土)
最後の週末
とうとう最後の週末になりました。
今日は歯医者の仕上げと、スカイプ用カメラを用意しました。

歯医者は予約表を見直すと一週間連続で通ってたようです。
全部で9回行ったから、1回平均2000円として、2000円×9=18000円・・・。
歯は大事にしましょう。

スカイプカメラはヘッドセット付の安物を購入。
設定にややてこずってますが、どうにかします。

明日は青空ビールがしたいな〜。

6月22日(日)
雨降り
青空ビールしたかったけど雨降ってます・・・(;_;)
今日はスカイプ設定に一日パソコンと格闘するかなあ。

6月23日(月)
あと4日
今日は、おそらく最後の必要書類を用意、航空券の手配、論文にかたをつける、を行いました。
バイクも保管状態になったし、あとは身の回りの整理です。

週末にやってたスカイプの設定には往生しました。
もともとサポートされてないWindowsMeに入れようとしたのが間違いという説もあります・・・。
音声会話まではどうにか設定できましたが、ビデオ通信にすると固まってしまいます。
多分メモリが少ない&CPUが占有される(スカイプHP情報)という問題のためでしょう。
Meちゃんはちょっと設定をいじるとすぐにエラー画面がでてくる駄々っ子でした。
これに比べると2000やXPの安定性は驚異的ですな。

部屋の片付け、足りないものの買い足し、リストを作らないと忘れそうです。


6月24日(火)
部屋の片づけ
今日は国際学生証をうけとり,家賃と更新料を支払い,新聞をとめてきました.
国際学生証は思ったよりも立派です.
キラキラしていて,昔必死になって集めたカードたちを思い出させます.

更新料は大家さんがおまけして,一部キャッシュバックしてくれました.
心の底から感謝しつつ,お金は夜のフィーバー代につぎ込みました.
ダンケシェーン,大家さん.

さらに,部屋を片付けました.
まんぱんのゴミ袋と,つぶした段ボールでいっぱいです.
しかし今日終わったのは部屋の半分・・・.
なんとなく疲労感があるけど,明日も片付けます.

6月25日(水)
片づけ2
昨日の続きで片づけにけりをつけました.
さらにゴミ袋は増えましたが,うちを訪れた人間曰く「見た目は変わってない」とのこと.
まあ一応整理したという気持ちの問題です.

そして,今シーズン最後の野球にも参加してきました.
参加した皆さん,二回連続で暴投してしまってすんません.
年と運動不足がたたって,後半になると肩が上がらなくなってしまうのです・・・.

返事待ちしてたメールにも返信があり,空港にお迎えが来てくれるみたいです.
返事がなかったら空港でテルテルしようと思ってたのですが,心配無用でした.
明日はいよいよ荷物をつめます.
買い物に走らないといけないなあ.

6月26日(木)
前夜
現在27日午前1時です。
次の家主と一緒にスーツケースと格闘してました。
重量制限が23kgらしいけど大丈夫かいな。

今日は一日買い物に走り回ってました。
前日に準備なんてするもんじゃないです(T_T)

明日は朝5:45のバスに乗るのが第一ミッションとなりました。
飛行機の中でよく眠れそう。

そんでは皆さん行ってきます。

6月27日(金)
出発
現在スイス時間で6/30の19:30です。
週末はアパートのネットワーク管理者に会えなかったもんで、
今日になってようやくネットが開通しました。
ということで、数日分さかのぼって更新します。

出発ですが、朝の5時過ぎに眠い体と、異常に重たいスーツケースを引きずって空港まで行きました。
しかしそこで見たのは、「使用機材遅延のため出発が7時間延期される」というメッセージ。
しょっぱなから先制パンチを食らいました。

そうは言っても仕方がないのでチェックインしようとすると、
次なる関門である荷物の計量でまたもやトラブル発生。
エコノミークラスでは、預ける荷物の最大重量が20kgなのですが、僕の荷物はなんと32kgありました。
頑張らないと持ち上がらないから20kgは超えていると思っていたのですが、こんなに重かったとは・・・。
辞書が重かったか・・・と思いつつ、超過料金を聞いてみると、大まけにまけて4万円弱とのこと(T_T)
観念して支払いに行ったのですが、飛行機が遅れているので免除してくれるという素晴らしい返事が返ってきて安心しました。

結局フライトは、27日の夜にフランクフルトに到着し、現地で一泊、翌日早朝の便でチューリッヒまでというプランになりました。
フランクフルトでのホテルなど、すべての手配は航空会社がやってくれるということで、ひとまず夕方に日本を旅立ちました。


フランクフルトでは、わかりにくい空港で迷いそうになりながら窓口を見つけて翌日の便を予約したり、
荷物受け取り所への行き方を暇そうにしてる係員に聞いて、「今は他の客の相手をしてるから駄目だ」と怒られたり、
上りのエスカレータが止まっていて、例のスーツケースを必死になって運んだり、
と波乱盛りだくさんでしたが、まあなんとかなりました。

6月28日(土)
スイス着
この日も朝5:00頃にホテルをチェックアウトして空港へ向かいました。
当然ながらカウンターで荷物を預ける際に、「荷物重すぎるよ」と今度は英語で言われました。
「大阪では飛行機遅延の償いとして超過料金を免除してくれた・・・」と説明しようと色々考えてはいたのですが、
普段行わないジャンルの会話なので、いざ話してみるとフレーズを並べただけのような怪しい英語しか出てきません。
幸い係員は理解してくれたようで、「それならいいよ」と無事に関門を突破できました。

チューリッヒには朝の9:00頃到着しました。
一応メールでフライトスケジュールを送っておいたものの、送ったのは前日の夜中だし、今日は朝早いので、
お迎えがどうなっているのか心配でしたが、僕の名前を書いたボードを持っている人を発見してひとまず安心。
同じ部屋で仕事をすることになる学生が来てくれました。

その後、
空港→電車で中央駅→歩いてオフィスへ→歩いてアパートへ
と移動したのですが、僕が思わぬ筋トレを強いられることになったのは言うまでもないでしょう。
重かった・・・。
途中で自転車に乗ったチャリダーがいきなり握手を求めてきたのでびびりましたが、
その人も同じ研究室の学生でした。

アパートは各地からの学生が集まっている寮みたいなところでした。
部屋もきれいだし、平日は朝食と夕食つきなので非常に便利です。
オフィスへは徒歩5分、市街地へも徒歩15分程度です。

ついたのは休日だったので管理人の人もおらず、ひとまず買い物に出かけました。
市街地にある生協と大きなスーパーに行って、身の回りのものをそろえました。
荷物の用意で一番の誤算だったのは、現地は意外と暑く、半袖半パンが必要であることです。
特に半パンは、見た目は安そうなのに3500円程度と信じられない値段です。
物価については、衣類と食料は少し高め、靴や雑貨はそれほど変わらないというのが感想です。
電気製品は・・・見てません。時計は安かったです。
買い物で困ったのは、英語表記の説明が無いことです。
パッケージやメーカ、数少ないドイツ語単語から判断すれば問題ありませんが、
何が異なるのかはさっぱりわかりません。

夜はチャリダーと一緒にビアホールで夕食をとり、ぶらぶら散歩して、アイスクリームカフェに連れて行ってもらって帰りました。
チャリダーさん、奢ってくれてありがとう。日本人恩は忘れません。

ちなみにこの日、アパートのネットに接続しようとして失敗しました。
ローカルネットまでアクセス出来ているのに、外には出ることができないという謎に悩みましたが、
特別な設定が必要であることをご近所さんに聞いて納得しました。

6月29日(日)
ユーロチャンピオンシップ決勝
この日も午前中は買い物と、部屋の片付けで過ごしました。
ネットの設定をしてもらうために、アパートのネットワーク管理者の部屋を訪れるもお留守でした。

シャワーにかかった帰りに、歯磨き中のご近所さんパート2に出会ったので自己紹介。
お土産を渡すと「ご近所ギフトをもらったのは初めてだ 」と非常に喜んでくれました。
聞いてみると、こちらではあまりご近所周りをしないようです。

昼過ぎあたりに、研究室の学生が「川に泳ぎに行こうぜ!」と誘ってくれました。
先月チューリッヒを訪れて、「夏は川や湖で泳ぐんだ」と教えてもらっていた僕は、
当然ながら水着を日本からもって行きました。
僕が「OK、もちろん行くよ」と答えると、学生に水着を持っていることに驚かれましたが、
前述の事情を話すと笑ってました。

川は、我らが鴨川よりずっと深く、流れもそこそこ急です。
しかしながら、水泳スポットには大勢の人が集っていて、皆泳ぎが上手です。
「流れにのって泳ぐのが楽しいんだ!!」という言葉どおり、
上流から下流に向かって何本か泳ぎました。
水はやや冷たく、前日の筋トレで腕はだるかったのですが、
時差ぼけの頭がリフレッシュできて爽快でした。

水泳の後は昼寝をとり、ユーロカップの決勝戦ドイツ対スペインを見に、
川沿いに設置されたスクリーンまで行きました。
サッカーの盛んなヨーロッパらしく、川沿いにはいくつもスクリーンが設置され、
道路は歩行者天国になっていて、お祭り騒ぎでした。

スポンサー様に非常に感謝しているので、僕は当然ドイツ側でしたが、
周りの観衆はスペイン側が多かったです。
特に、スペインが得点したときは「エスパーニャ!エスパーニャ!」の大合唱でした。
結果は1対0でスペインが勝利し、街はスペインファンの叫びと、
祝砲のようなクラクションの渦につつまれましたとさ。
ドイツのキーパーいい仕事してたと思うんだけどな。

次の日の朝は忙しくなりそうなので、この日は早めに就寝です。

6月30日(月)
仕事始め?
やっと本日の更新にたどり着きました。
ここ数日は新しい出来事ばかりなので、更新頻度は高く、量も多いですが、
だんだんと尻すぼみになることをお断りしておきます。

今日は朝、アパートの管理人さんに挨拶してきました。
簡単な書類を書いた後、食事のとり方、洗濯機の使い方、ごみの出し方などを教わりました。
朝食はヨーグルトとパンで、僕が日本で毎朝取っている朝食と全く変わりません。

前日聞いていたように8:30頃オフィスに出向くと、挨拶ラッシュが待ってました。
皆「フライトはどうだった?」と聞くので、「いや〜フライトが遅れてねえ」という話を
鸚鵡返しのように返してました。
一通り挨拶はすんだのですが、就労ビザがおりていない僕はまだ観光者で、
仕事をするわけにはいきません。
とりあえずPCを一台貸してもらって、滞っていたメールチェックなどをしてみました。

そうこうしているうちに、会議の終わったミスターISOがオフィスを訪れ、
研究室の教授の所へ挨拶に行きました。
教授は数時間後に出張に出かける忙しい身にもかかわらず、
数日後にはビザがおりるだろうという旨を伝えてくれました。

おそらく教授は出張先で、我らがbossと、「Kabosuはうちに着いてるよ」
とかいう会話を交わすことでしょう。

その後お昼となり、食堂へ皆で出かけました。
出発前に勧められて取得した国際学生証のおかげで、ほぼ学生料金で利用することができました。
勧めてくれた家主さんありがとね。
メニューは大きく分けて、定食が3種類。
味は特別おいしいわけではありませんが、悪くはありません。値段は500〜600円程度。
ここに来て、出張の度に行っていた僕の学食比べは海外の学食にまで至ったわけですが、
メニューの豊富さ、質、量、値段、を総合的に考えると、我が大学は圧倒的に優れていると思います。
研究室の皆さん感謝しましょう。

どうやら、まずは振動の測定実験から研究が始まるようです。
お昼から帰ってからは、振動の調査に関する資料を2部渡されて、
「読んでみて、質問があったら聞いてね」とのこと。
しかし資料はドイツ語で書かれています・・・nein
幸いながら、

@図や式は万国共通。
A内容は知っていることが多かった。
B書かれている実験は、ほぼ同様の実験をしたことがある。
C電子辞書万歳。

という要素により、大まかな内容はわかりました。
特に@がなければお手上げでした。図とキャプションはきちんと描(書)こう。
そして、結論だけは読みたい!!!

今日一日で30語くらいドイツ語を調べました。
そして15人くらいの人名を聞きました。

ほぼメモをとっているのですが、それでもオーバーフローしてます。
一つ一つ着実にというありがたいアドバイスの通り、
まあ毎日使っていれば覚えるさ〜という勢いで、のんびり進むことにします。
一番上に戻る 7月の日記