チューリッヒ滞在記録 日記
2008年8月
1日〜10日の日記 11日〜20日の日記 21日〜31日の日記
8月1日(金)
建国記念日
今日はスイスの建国記念日でお休みです。
祝日が異なると、外国にいることを実感します。

街の広場や、公共施設では行事が行われるようなので、
市内をぶらりと周ってきたのですが、
あいにく今日は雨です。

お店は駅の地下マーケットを除いてほぼ全店休業、
歩く人もまばらです。
週末にのみの市をやっている広場では、
なにやらお祭りの準備がされていましたが、
賑わっている様子ではありませんでした。

まあ日本のお祭りも雨が降るとこんなものだし、
仕方ないというとこでしょうか。

広場の様子。出店が出ており、
テントで飲み食いしている人達はいましたが、
イベント会場はご覧のとおりガラガラ・・・。

8月2日(土)
Ich ging kaufen. お買い物にいきました
今日は晴れています。
チューリッヒ湖クルーズとしゃれ込もうかと思ったのですが、
チケットを買うのに意外に手間取り、あえなく断念。
明日に延期しました。

なんでチケットの購入に時間がかかったかと言うと、
ついでにHalf Fare travel Pass(半額パス)を買おうとしたからです。
このパスは、スイス全土の電車・船・バスなどの料金が
半額になるというものです。

1ヶ月有効で99CHF、1年有効で150CHFなので、
1年を買うことにしました。
半年があればいいのになあ。

観光案内所で買えると聞いていたので、
最初、観光案内所に行ったのですが、
「1年のは向こうのCustomer Serviceで買ってね」
と言われました。

言われたとおりにCustomer Serviceを探したのですが、
そんなのないよ・・・。

言われた場所には
Kasse:切符売り場、
Reise Buro:旅行事務所、
Geldwechseln:両替所
があるばかり・・・。

買えそうなのは旅行事務所!と思っていくと、
正解でした。

しかしながらここでも待ち時間が意外とあったり、
写真がいると言われて無精ひげだらけの写真をとったり
しているうちに、お昼過ぎになってしまったので、
明日の切符だけ買っといて帰ることにしました。

帰りにデパートによって箸を探したのですが、
結構たくさんおいてました。
生活雑貨コーナーの一角がアジアン雑貨売り場になっており、
目印のためか、仏像が鎮座しておられました。

好みの箸はないかもな〜と思って探したのですが、
木製の、塗り箸でないシンプルなものが見事見つかりました。
材料が竹ならパーフェクトだったのですが、
許容範囲です。

他にも、おすしセット、出刃包丁、砥石なんかも置いてました。
砥石は欲しかったのですが、高かったので断念しました。
こちらの砥石は金属の棒みたいなやつで、
どう使うのかさっぱりわかりません。

後は寮の近所のスーパーで食材を買って帰宅しました。
インスタントラーメンを作って箸で食べるという
非西洋風な昼食となりました。
音をたてて食べるとまずいかなと思って外で食べましたが、
実際のところどうなんだろう・・・。

8月3日(日)
Ich habe mit dem Schiff nach Rapperswil gefahren. お船でラッパーズビルへ行きました。
今日こそお船に乗りました。
天気も快晴で、今日にして正解です。

船はレストラン付の遊覧船で、
約2時間で対岸の街ラッパーズビルに着きます。
途中何箇所か停泊したのですが、
どの桟橋にもぴたりと船を接岸するのに感心してしまいました。
結構大きな船なんだけどなあ。

ラッパーズビルには12世紀くらいからの古いお城があります。
ここはチューリッヒ湖で唯一橋が架かっており、
昔から交通の要所だったのでしょう。

城址公園を散策し、
遅めのお昼を食べて帰りました。
お昼は・・・パスタ、ビール1杯・コーヒー付で約3000円です。
これでもスイス相場だと安い方です。

コーヒーまで飲むつもりではなかったのですが、
可愛い店員さんが「コーヒーはいかが?」と聞くもので、
つい「Coffee bitte」と言ってしまいました。
オープンテラスの優雅なひと時を満喫できたので
結果的には薦めてくれて感謝してます。

帰りは電車で帰りました。
行きの半分、45分くらいで帰れます。
船の免許が欲しくなった1日でした。

こんなお船です。ラッパーズビルの桟橋にて。

途中停泊した桟橋。
桟橋に横滑りさせながらぴたりと接岸。
横の杭に当てずに接岸させることも何回かあり、びっくり。

お城より。

8月4日(月)
Wo kan man ein Lauch kaufen? にらはいずこ?
今日はジンギスカン炒めにしよ〜♪
と思ってにらともやしを探しましたが、ありません(;_;)

代替品を探したのですが、
必殺(?)のにんにくの芽もなく、
ねぎのお化けと玉ねぎの親戚しかありませんでした。

にらとにんにくを利かせた炒め物が食べたい!と思い、
帰って、にらを和独辞書で調べてみると、
「Lauch」とでてました。
和〜辞書で調べた単語は、〜和辞書で引くことにしているので、
今度は独和辞書で調べてみると、
「Lauch : ねぎ」 でした・・・
どうもにらとねぎは同じ扱いのようです。

今日は、香草コーナーにあった万能ねぎもどきと、
やや多めのにんにくで誤魔化したのですが、
現地野菜のレパートリーを広げる必要がありそうです。

にらなら種を送ってもらって、
プランターで栽培可能か・・・。

8月5日(火)
Grueezi ! こんにちは!
スイスの挨拶はGrueezi ! です。
どこでもグリュエッツィ!です。

レストランに入るときもグリュエッツィ!、
学食のコックさんにもグリュエッツィ!、
銀行や駅の窓口なんかでもグリュエッツィ!で会話が始まります。
買い物のレジでも、グリュエッツィ!と言いながら
品物を渡すと勘定をしてくれます。
ただ、朝の挨拶はMorgen(グーテンモルゲンのモルゲン)
が多いようです。

グリュエッツィ!、ヤー、ナインを知ってて、
数字を聞き取ることができれば、
ドイツ語で暮らしていけるような感じです。

地方が変わると、グリュエッサー!
と言ってる人もいますが、同じ意味です。

日本でドイツ語を習ったときにもGrueezi は出てきたのですが、
こんなに頻繁に使うものだとは思いませんでした。
挨拶をきちんとしましょうというのは
小学校の月間目標みたいですが、非常に重要です。

ただし、グリュエッツィ!と挨拶すると、
相手がドイツ語で話し出したりするので注意が必要ですが・・・。

8月6日(水)
Ich nahm ein blief von der Stadt weiter. またも手紙が届きました。
市からまたお手紙です。
中を開けてみると、「健康保険に関する通知をありがとうございます」
と書いてあるので、以前送った保険証のコピーで大丈夫だったのだと思いました。

しかし次の1文には、
「スイス保険事務所公認の保険ではありませんでした」
と書いてあります・・・。

最大手のはずの某保険会社はスイス公認ではない様です。
Nein・・・。
チューリッヒ州の健康管理事務所が最終判断を下すので、
待っててねということでした。

多分訳は合ってますが、明日確認してこよう、はぁ・・・。

8月7日(木)
Ich muss warten. 待ち・・・です
昨日の健康保険に関してですが、
状況はそんなにまずくありませんでした。

同僚に訳してもらったところ、
旅行保険はスイスのofficial(公的な、かな・・・)な保険でない
というだけようです。
「書類を送付した先にはofficial以外の例外の認める権限がないので、
州の事務所に書類を送りましたよ。少し待っててね。」
という内容らしいです。

辞書そのままに訳したもので、てっきり申し込んだ旅行保険が
たまたまスイスが認めていない保険だった・・・という風に
思ったのですが、どうやら旅行保険所持者はみんな通る道のようです。
ネットの情報でも旅行保険で認められなかったという話は
見たことないので、まあ大丈夫でしょう。

一安心。

8月8日(金)
Ich nahm die Halbtaxkarte von SBB. スイスの国鉄から半額カードをゲット
先日申し込んだ鉄道の半額カードが届きました。
プラスチック製のしっかりした作りのカードで、
裏はキラキラしたホログラムでバスやら電車やらが描いてあります。

写真つきで、署名が必要なため、他人は使えません。
半年有効期間が余るので誰かにあげたかったのですが、
無理のようです・・・。

署名していて思い出したのですが、
こちらの公文書は全て日付と日時と署名が入ってます。
こちらの人の署名は全く読めません。
もはやアルファベットにすら見えない・・・。

我々日本人(中国人もでしょう・・・)が署名するときは、
絶対アルファベットで!というわけでもないようです。

例えば、クレジットカードの裏に漢字で署名してある場合は、
レシートには当然漢字で署名します。
しかし、オフィスの鍵を受け取るときは、
アルファベットの署名がいいと言われました。

こちらで新しく何かに署名するときはアルファベットかと思って
銀行口座の契約の際に、聞いてみたのですが、
「あなたの署名だから、どちらでもよいですよ」
とのこと。

情報を整理すると、
@基本的に漢字でもアルファベットでもよい
A相手が読めたほうがよい(誰が署名したかすぐにわかるほうがよい)
場合はアルファベットで
ということになるのかな。

文書が公式のものになればなるほど@があてはまる雰囲気です。
ランクが高い公文書は基本的にパスポートなどのIDのコピーとセットだし、
パスポートには漢字で署名してあるので。

ただし、漢字で書くときは、全く同じ字で書かないと、
同一と認めてもらえないことがあります。
トラベラーズチェックに使用時の署名を書いたとき、
急いだために、ごくわずかくずれた字になったのですが、
「サインが違う」と再署名を求められました。
ご注意を。

8月10日(日)
Ich ging zur die Strassenparade.ストリートパレードを見てきました。
世界で2番目に大規模といわれる
ストリートパレードを見てきました。
一緒に行った友達によると、
世界で1番はドイツでやってるそうです。

朝はそうでもなかったのですが、
昼になると、駅や市街は人だらけでした。

いたるところで音楽が鳴って、ステージができていて、
道はフィーバーしている人を乗せたトラックが行進してました。

夜はイベント会場でやってる
クラブミュージック(テクノミュージック?)の
祭典とやらに行ってみたのですが、
そこも人だらけでした・・・。
面白かったのは、曲とフィーバーぶりです。

全ての曲にテーマのメロディがあって、
さびの部分まではそのテーマが様々な音で繰り返されます。
そして、さびになると
テーマ+8ビートの重いベース
に変わります。
全ての曲で構成は一緒です。

さびに入ると、みんな条件反射のごとく手をあげて跳ねだします。
集団催眠ってこんな感じなのかな。

駅前です。湖のほうに向かう人で行列ができてます。

海賊船トラック出現。火を吹くおっちゃんが乗ってます。
全部で20台以上あって、一台一台見世物が違いました。

夜のコンサート。みんなでフィーバーしておられます。
ちなみにすごい音です。音圧による誤差を体感できます。
なんせジーンズのすそがゆれるので・・・。

1日〜10日の日記 11日〜20日の日記 21日〜31日の日記
一番上に戻る