Machining, Measurement, and Control Laboratory
 

1 9 9 9    C o n f e r e n c e    P a p e r

 
 
 
 
切削抵抗を一定にするエンドミル加工用NCプログラミング
 
滋賀県大工 中川 平三郎,廣垣 俊樹
京大工 垣野 義昭
大分県産科技セ 大塚 裕俊
 
 
 
Abstract

 焼入れ鋼のエンドミル加工について,最大切りくず厚さと切削円弧長の2つをパラメータとする切削抵抗の簡易予測式 を応答曲面法を利用して構築した.それに基づいてNCプログラミングにおける工具経路上の送り速度を変えることによ り,2次元平面内における円弧部を含む切削加工について切削抵抗の一定化制御を試みたところ良好な結果を得た.また 同手法を摩耗工具に適用した結果,原理的には摩耗工具でも切削抵抗の制御が可能であることがわかった.

 
 
 
 
 
back <<