Machining, Measurement, and Control Laboratory
 

2 0 0 3    C o n f e r e n c e    P a p e r

 
 
 
 
エンドミル加工のための切削関与角一定化工具中心経路の生成
 
京都大学  池田 大作,茨木 創一,松原 厚,山路 伊和夫,垣野 義昭
(株)MTI  西田 晋
 
 
 
Abstract

金型加工のための高硬度材のエンドミル加工において,通常用いられる等高線パスで加工を行うと,曲率の小さい円弧部において切削抵抗が大きく変動する場合がある.本研究では,任意の2次元輪郭形状加工においてこの問題を解決するために,切削関与角が常に一定となるような工具中心経路の生成法を提案する.提案する手法で生成した工具中心経路を用いることにより,常に送り速度及び切削抵抗が一定となる加工が行えることを示す.